明治神宮の倉庫の火災原因は?現場の写真が話題に!

18日午前7時頃、明治神宮の境内にある2階建て倉庫から出火し、全焼したようです。

現在は鎮火し、けが人も出ていないようで、よかったですね。

しかし、そもそも火災の原因は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

火災の原因は?放火なの?

Yahoo!ニュースによると、出火原因は調査中ということですが、SNSでは放火なのでは?と話題になっているようです。

全焼したという倉庫は、物置きとして使われていたようで、一般の人が入れないところだそうです。

え!まさか!明治神宮の関係者が火をつける?そんな罰当たりなことするのかな?

または、関係者意外の人が侵入したのでしょうか・・・。疑問が残ります。

しかし、なぜみんな放火なのでは?と疑っているのかと疑問に思ったのですが、2011年に靖国神社が放火された事件があったからなのかなという感じです。

関連があるのかは分かりませんが、まだ決めつけるのはよくないですね。

また、一般的な火災の原因を調べていると、火災原因の1位って放火なんですね!!知りませんでした。

他にも、配線器具が原因っていうのがありましたよ。電灯とかの配線から出火というのがあるようです。

神社など勝手な印象ですが、古い建物が多いので、配線とか古そうですよね〜配線系統の出火もありそうな気がします!

スポンサーリンク

全焼倉庫の現場写真

では、全焼した倉庫の写真はどうでしょうか?

ツイッターに載っていました。

本当に全焼ですね…。周りの木々や建物に飛び火して大火災にならなくてよかったです。

けが人もいなかったようで、安心しました。

まとめ

明治神宮の倉庫火災原因や画像を調べてみました。

火災原因はまだ調査中のようですが、個人的には放火であってほしくないです。

古い建物だと、配線系統の出火もありそうだなと思いました。

今後も引き続き、火災原因の動向を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です