12月15日IPPONグランプリの男性ゲストは誰?

12月15日(土)放送のIPPONグランプリに出演する、男性ゲストで気になる人がいたので調べてみました。

その方の名前は森崎ウィンさんで、顔立ちと名前からしてハーフなのか?

とても気になります。どんな方なのでしょうか。

スポンサーリンク

森崎ウィンとは?

プロフィールからご紹介します!

森崎ウィン
出典:https://www.stardust.co.jp/section1/profile/morisakiwin.html

森崎ウィン(もりさきうぃん)

生年月日:1990年8月20日(現在28歳)

血液型:O型

趣味:飛行機、ギター、ピアノ

特技:殺陣、ビリヤード

森崎ウィンさんは、俳優、タレントとして活動してします。

音楽ユニットPrizmaXのボーカルとしても活動されているようです。

趣味:飛行機って何でしょうか・・・(笑)。飛行機を見ること?乗ること?

ハーフなの?

名前が「森崎ウィン」ってことは、日本とどこかの国のハーフなのかな?と思いますが・・・

なんとハーフではありませんでした!!

ミャンマーで生まれ育ち、純粋なミャンマー人だそうです。

小さい頃は、お母さんが日本で働いていて、お父さんは世界中を飛び回って仕事をしていたので、ミャンマーで祖母に育てられたそうです。

10歳の時、弟が生まれるのを機に日本に来て、18年くらい日本にいることになるのでしょうか。とても日本語が上手ですよね!!

中学2年生のときにスカウトされたのが芸能界に入るきっかけで、スターダストプロモーションに所属しているようです!

常磐貴子さんや山田孝之さん、数多くの俳優さんやモデルさんが所属する事務所です。

結構芸歴長いですね!!

スポンサーリンク

森崎ウィンになった理由は?

ハーフではないということは分かりましたが、なぜ森崎になったのでしょうか?

どうやら、「ウィン」は本名のようです。

祖母がつけてくれた名前だそうで、「明るい」「知的」とかいう意味があるのだそうです。

芸名「ウィン」だと日本語が話せないと思われ、役者としての仕事が来ないということで苗字をつけることになったそうです。

英語がネイティブ並み!?

母国語のビルマ語と日本語、そして英語も話せるのだそうです!

実は森崎ウィンさんは、今年ハリウッドデビューを果たしています。

スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』で主要キャストに抜擢されたのです。

オーディションで、最終的にスピルバーグ監督が森崎ウィンの英語の発音を気に入られて選んだそうです!!

すごく綺麗な発音ですよねー!ネイティブです。もう完全に。羨ましい。

ミャンマーの英語事情ってどうなの?とちょっと気になったのですが、

ミャンマーは、かつてイギリスの植民地であった経緯と、多くの民族で形成されてきたことから、英語が公用語として使用されてきましたそのような背景から、現在においても基礎教育の始まる前、幼稚園から、第2言語して英語教育は必修とされています。そして、大学の授業はほとんど全て英語で行われています。また公用文書なども、基本的に英語が併記されています。
引用元: http://fujirealestate.asia/?new_info=ミャ-ンマー人の英語

へー、日本より英語教育が進んでいますね!

森崎ウィンさんの祖母も英語の先生だったらしく、よくおうちではマドンナの曲が流れていたそうです!

それで、英語がネイティブ並みなんですね〜。

さいごに

森崎ウィンさんについて調べてみました。

英語も話せるし、またハリウッド映画に出てほしいな〜活躍できるのでは?と思いました!!

これからも応援しています!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です